もう悩まない性感染症

感染症に説明している医師

性行為感染症(STD)を患ってしまった場合、どのように対処すべきかを記します。

性行為感染症(STD)と疑うべき症状とは

性行為感染症(STD)について説明します。
病原菌これは性行為をした際に口や性器、肛門から体内に病原菌が入っていく病気のことです。
現在は性行動に対して衝動的な若い世代だけでなく、中高年の世代にまでこの性行為感染症が増えているのです。

中でも多いのがクラミジアです。現在は国内だけでも患者数が100万人以上になるとも言われています。
これは男性も女性もなりうる病気です。
自覚症状のない場合があるので、それを知らないまま多くの人に感染させてしまう可能性があるので非常に厄介な病気でもあるのです。
疑うべき症状は排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみや不快感などが挙げられます。
悪化させると発熱も起こる病気です。このような症状がある場合は性行為を中止し、専門の病院で診断してもらう必要があります。
クラミジアにはレボフロキサシンを使って治療することが多いです。レボフロキサシンはマイコプラズマ等の細菌に効果があり、主に細菌感染で引きおこる疾患の治療薬として使用されています。
クラミジアの症状に心当たりがある方は早めに病院を受診すると良いでしょう。

性行為感染症は人間にとって脅威な病気です。
HIVのような病気になった疑いがあれば、病院に行くのが1番ですが、行きにくいという方もいるかもしれません。
HIVの検査キットはネットで購入可能ですので、通販という手段も考えましょう。
予防するためには正しい知識を持って正しい予防法をすることです。
そして何よりも不特定多数の人と性行為をしないことが必要です。

オススメ通販サイト:
エンペシド膣錠を膣カンジダを治療&再発した時のために常備しておきましょう
性感染症でお悩みの方はこちら:
ジスロマック