もう悩まない性感染症
感染症に説明している医師

性行為感染症(STD)を患ってしまった場合、どのように対処すべきかを記します。

エンペシドでカンジダ菌で感染しやすいりん病にも注意

膣カンジダの原因はカンジダ菌という真菌がもたらすもので、真菌はうつる可能性があるため、性交渉をした時に感染していれば男性にも菌がうつり痛みやかゆみなどの症状が出ることがあります。どちらか一方だけ治療をしても、性交渉をすればまたうつってしまうため、治療の際にはカップルで行うのが正しい方法です。

一度治療を行い治ったと思っても、免疫力が低下してきた入りすると再発する可能性があります。エンペシドは膣カンジダの再発治療薬として販売されていて、優れた抗真菌作用がある成分が含まれています。過去に膣カンジダと診断を受けたことがあり、再発した場合には膣や外陰部のかゆみ、おりものの量が増えたりヨーグルト状になります。菌が尿道に感染してしまうと排尿時に痛みを伴うため、早めにエンペシドを用いて治すことを考えるべきです。

エンペシドは薬剤師のいる薬局や薬店、ドラッグストアで買い求めることができて、使い方の説明を受けたり病気について薬剤師に相談も行えます。膣以外の部分には使わないようにする必要があり、他の薬との併用も避けるべきです。

過去に膣カンジダと診断を受けたことが無い人は、エンペシドを使う前に病院で診断を受ける必要があります。症状が似ていて違う病気もあり、りん病などもカップルで感染する可能性がある病気です。りん病は口内の粘膜や目などに感染することがあり、性交渉を行っていなくても同じタオルを使ったりすると感染することがあるので、カップル以外でも注意が必要です。

りん病は合併症を起こす危険がある病気で男性は前立腺炎、女性は子宮内膜炎、そして男女ともに腎盂炎や心内膜炎などになることがあるため、自己判断でエンペシドを使ったりせずに診察や検査を受けて、適切な治療を行うことが重要になります。