もう悩まない性感染症
感染症に説明している医師

性行為感染症(STD)を患ってしまった場合、どのように対処すべきかを記します。

保険が適応する病気とそうでない場合

1990年代後半から扱う病院が増加しています。主に精神面での禁煙支援や、ニコチン置換療法(ニコチンガム・ニコチンパッチを使用)、非ニコチン製剤(バレニクリン)などによる禁煙法を行います。
以前は、禁煙にかかる費用は全て健康保険の適応しない病気(自由診療・保険外診療)であったため患者の全額負担であったが、2006年4月1日より、一定の基準を満たす患者における禁煙治療に関して保険が適応する病気が中央社会保険医療協議会の答申により認められ、ニコチン依存症管理料や、ニコチンパッチなどが保険が適用されています。
禁煙治療が保険適用される医療機関は、敷地内禁煙であることなど一定の要件を満たして届出の上、認可を受ける必要があります。
保険治療が受けられる医療機関は、各都道府県の社会保険事務局に問い合わせる必要です。
内科・耳鼻咽頭科・眼科などでの禁煙治療は保険が適用されるが、歯科は2008年7月においても保険適用外となるので受診の際は注意が必要です。
保険適応に際し、診療報酬について話し合う国の中央社会保険医療協議会の審議では、保険適用に反対する意見も複数の委員から出され「喫煙は個人の嗜好である」、「禁煙は個人の責任で、公的保険の給付にはなじまない」がだされています。