もう悩まない性感染症
感染症に説明している医師

性行為感染症(STD)を患ってしまった場合、どのように対処すべきかを記します。

性感染症のクラジミア小腸に水がたまる例もあり

女性がかかりやすい病気に、膣カンジダ症があります。しばしば性感染症と誤解されることがありますが、カンジダは身体にもともと住んでいる真菌であり、普段はおとなしくしています。しかし、体調を崩したり、性器周辺が蒸れた状態で放っておくと、カンジダが増殖して、炎症や痒みなどを起こすようになります。よって、性行為をしなくても発症することはよくあります。
膣カンジダ症の再発に効果のある、エンペシドという治療薬があります。市販薬ですので、一般の薬局やドラッグストアでエンペシドを購入することが可能です。クロトリマゾールという成分が配合されており、カンジダ菌の増殖を抑える作用があります。エンペシドは膣の内部に挿入して使う薬ですが、発泡錠とあり、広範囲にわたって薬剤が行き渡り、症状を改善する力を持っています。
膣カンジダ症とはまだ別に、性器の周辺に症状があらわれるクラジミア感染症というものがあります。クラジミアは人から感染しますので、主に性行為が原因となります。クラジミアに感染しても、初期症状はごく軽く、症状があらわれない人もいます。しかし、放置しておくと徐々に様々な臓器に異常をきたす怖い感染症でもあります。
身体に不快な症状があり、病院で検査を受けた時に、小腸に水がたまっているのが分かり、その結果クラジミアに感染していたことが発覚する例もあります。
小腸に水がたまる病気では、腸炎にかかっている可能性があります。腸炎になると小腸の働きが鈍り、水がたまるのがその理由です。この状態になると、腹痛を伴ったり、お腹の周囲に張りが見られることがあります。病気にもよりますが、病院で治療薬を処方してくれますので、服用を続けて治すようにしましょう。